現実と夢+
これじゃラチが明かないと感じた僕は、プロカメラマン(?)としての虚栄心を捨て、(本来のペンキ屋のアンチャンとして)ざっくばらんに彼らと会話を始めてみました。


『何で応募してきたの?』  『カノジョガ カッテニヤッタンスヨ〜』

『撮影いやじゃなかったの?』  『イヤニキマッテルジャナイスカ〜!』

『女の子も男の裸見て興奮すんのかな?』  『スル〜 ゼッタイシマスヨ〜』

『怖いね〜』  『ムッチャ コワイッスヨ〜!』


そんな他愛無い会話を交わしながら撮影を進めるうちに、こわばっていた彼らの表情が徐々に和らぎ始め、美少年の名にふさわしいその素顔が垣間見えてきました。
ボーイフレンドを推薦してきたギャルらの気持ちが、僕にも少しわかるような気もしました。
そのうちに彼らもシャッター音に反応して、まんざらでもない表情で自らポーズを変えるまでになったではありませんか。
つい先ほど前までギクシャクしていた現場が、あっという間に明るく創造的に変化して行きました。

無意識のうちに、カメラマンはこうあるべきだという安易なプロ意識が芽生えていたのに、そのとき気づきました。
違う違うと思いながらシャッターを切っているのですから、撮られる側が緊張するのは当然のことでしょう。
自分の波長を相手に強要しているうちは決して良い結果は生まれないという、テクニカルではない大切な基本を、ギリギリの現場で学習することができたのです。
相手のバイブレーションと自分のそれを合わせる事からすべてが始まるという、写真以外にも共通するもの作りの根源的な問題でもありました。

それまで(相手とのコミュニケーションの要らない)ステージ撮影の経験しか無かった僕にとって、それはそれは新鮮な驚きでした。
こちらの気分次第で被写体の表情がこうも違うものかと、空恐ろしい気もしました。


『オツカレッシタ〜ッ!』  『タノシカッタッス!」 

『クセニナンジャナイヨ〜!』  『ワカンナイッス〜!』


そんなこんなで何とか無事に撮影を終え、懇意になったO氏とはその後も長年に渡り、様々な仕事をご一緒させてもらうこととなりました。

出来映えはともかく、写真には技術だけではなくカメラマンの人間性が映り込むものだという、この日の現場が教えてくれたものはとても大きかったと、今更ながらシミジミ感じているところです。


(つづく)




コメント(57) / トラックバック(0)カテゴリ無し

新着アーカイブ
▼意外や意外!
(2013/5/9 17:21)
▼肩の荷
(2012/11/19 10:28)
▼秘密兵器
(2012/6/27 11:48)
▼【歌旅】に想う
(2012/5/24 15:09)
▼紙一重
(2012/3/2 20:30)
▼心境の変化
(2012/1/28 19:56)
▼心の岩盤浴
(2012/1/23 03:24)

月別アーカイブ
2013年05月(1)
2012年11月(1)
2012年06月(1)
2012年05月(1)
2012年03月(1)
2012年01月(2)
2011年12月(1)
2011年11月(2)
2011年10月(1)
2011年08月(1)
2011年07月(1)
2011年02月(1)
2011年01月(2)
2010年12月(3)
2010年11月(2)
2010年09月(2)
2010年08月(2)
2010年07月(1)
2010年06月(2)
2010年05月(2)
2010年04月(1)
2010年02月(1)
2010年01月(1)
2009年12月(2)
2009年10月(2)
2009年09月(1)
2009年08月(2)
2009年07月(2)
2009年06月(3)