記憶
ようやく出口の見えた今年の猛暑ですが、体力的に辛い思い出と共に、多分これからも忘れられないような光景も、幾つか僕の記憶に焼き付けてくれました。

その一つが、夏の盛りに行なわれた(渡辺美里)さんのコンサートでした。

カメラマンとしては、とうに賞味期限の切れた僕ですが、そんな自分にも、節目節目に大事なカメラポジションを任せてくれるH氏は、20年来の友人であると共に、気の置けない仕事仲間でもあります。
僕と同様、ディレクター兼カメラマンでもある彼は、長年彼女の映像を担当しているのですが、毎年この時期になると、決まって僕に声をかけてくれるのです。

今年も恒例の屋外イベントに呼んでもらった僕は、これもいつも通りステージ前の異動カメラの担当でした。
若いカメラマン達には細かい注文を出す彼も、

「オナガは好きに撮ってくれたらいいよ。」

と、いつも有り難いことを言ってくれます。(言われても出来ないからかも?、、)

やがてリハーサルが始まり、ステージ上に美里(いつもこう呼んでいるので、お許しを!)が現れました。
1年振りの彼女は、目の前の僕と目が合うとニッコリと手を上げて、明るく挨拶をしてくれました。

実は、彼女のデビュー当時の映像ディレクターを担当していたのが、若き日の僕でした。(その頃の話については、後日触れようと思っています。)
しばらく間の空いた時期もありましたが、彼女とも四半世紀を超える長い付き合いになります。
言うなれば、毎年恒例の同窓会の趣きでしょうか。
シビアなリハーサルも、何処となくリラックスするような気がするので、H氏の狙いも本当はそこにあるような気もします。(笑)

その後、カメラマンを集めた最終ミーティングが、スタッフ楽屋で行なわれました。
そこでH氏は突然、皆に黙とうを願い出たのでした。
それは、先日亡くなったKカメラマンに対するものだったのです。
Kさんは僕同様(いや僕以上に)、美里のカメラマンの常連でした。
不慮の事故が無ければ、今年も間違いなくここで顔合わせができたはずです。
彼はこの業界の生き字引のような人で、いつも笑顔で現場を和ませてくれる、素晴らしい人物でした。
僕の初ディレクションである、矢沢永吉氏のP.Vカメラマンを務めてくれたのも、Kカメラマンだったのです。
右も左も分からないような新米ディレクターに対して、少しも偉ぶったところを見せずに、大きな現場を上手く仕切ってくれました。
多分業界の中で、彼のことを悪く言う人は一人もいないと思います。
その後も僕の作品に於いて要となる、大事な人でした。


美里祭りは大盛況のうちに進み、あっという間に最終番を迎えていました。
そして、定番化している彼女の最初の大ヒット曲【マイ・レボリューション】のイントロが始まりました。
この曲には特別の思い入れがある僕は、そのメロディが流れてくるだけで、いつも熱いものがこみ上げてくるのです。
多分この曲が、自分にとっての記念碑的な作品だからでしょう。

当時まだ高校生の美里は、並み外れた歌唱力と澄んだ瞳で、すでにスターのオーラを発していました。
(そんな逸材を、何の経験もない若造に託してくれたのですから、レコード会社も相当に太っ腹な、古き良き時代でした。)

この曲のプロモーションビデオは、産まれたばかりの赤ん坊の顔と、おばちゃんの笑顔で始まります。
熟慮したわけではないのですが、何となくその二つの絵が僕の頭に浮かんだのでした。
ロックアーティスト(まだJポップという呼び名のまだ無い頃)に、赤ちゃんとおばーちゃん?
なんて疑心暗鬼な僕でしたが、美里がそのオープニングをとても気にいってくれたのが嬉しく、その後の演出家としての自信に繋がったのは言うまでもありません。
駆け出しディレクターの、持てる力全てを込めて作ったこの曲の前では、長年業界で揉まれているうちにシタタカになってしまった僕も、自然とオセンチになってしまうのも仕方ありません。

この日もファインダー越しの彼女を眺めながら、色々な記憶が脳裏を横切っていたのでした。
美里も、少し涙ぐんでいるように見えました。
そして曲の後奏が終わったちょうどその時、彼女が観客席に向かってこう言ったのです。

「実は今、皆さんの一番前でカメラを撮ってくれているのは、この曲のビデオを作ってくれたオナガさんです。」

と、僕のことを紹介してくれたのです。

「こんなに長い間、私を撮ってくれてどうもありがとう」

会場のどよめきと沸き起こる拍手に、どうリアクションしたら良いのか分からなくなった僕は、ファインダーに目を付けたまま、小さく頷くのが精一杯でした。

後になって、客席を振り返らなくて失礼だったかなと反省もしたのですが、要はいい年こいて泣きそうな顔を一目にさらす勇気がなかっただけの話でした。

今年の夏も、こうして沢山の仲間達への感謝を再認識した次第です。




コメント(23) / トラックバック(0)カテゴリ無し

新着アーカイブ
▼意外や意外!
(2013/5/9 17:21)
▼肩の荷
(2012/11/19 10:28)
▼秘密兵器
(2012/6/27 11:48)
▼【歌旅】に想う
(2012/5/24 15:09)
▼紙一重
(2012/3/2 20:30)
▼心境の変化
(2012/1/28 19:56)
▼心の岩盤浴
(2012/1/23 03:24)

月別アーカイブ
2013年05月(1)
2012年11月(1)
2012年06月(1)
2012年05月(1)
2012年03月(1)
2012年01月(2)
2011年12月(1)
2011年11月(2)
2011年10月(1)
2011年08月(1)
2011年07月(1)
2011年02月(1)
2011年01月(2)
2010年12月(3)
2010年11月(2)
2010年09月(2)
2010年08月(2)
2010年07月(1)
2010年06月(2)
2010年05月(2)
2010年04月(1)
2010年02月(1)
2010年01月(1)
2009年12月(2)
2009年10月(2)
2009年09月(1)
2009年08月(2)
2009年07月(2)
2009年06月(3)