しょうもない話 +
場内の集中力が全て僕に注がれているのが、金縛り状態の中でもハッキリ分かりました。
これまで、多少は修羅場を経験してきた僕ですが、今回ばかりは完全に動揺していました。
何せ、つい15秒前まで他人様をサカナに大笑いしていたのが、一瞬で立場が入れ替わってしまったのですから。
この状況はある意味、じゃがたらのライブ以上です。(ブログ09年8月参照)

傍観者然と笑い転げている女房が、うっすら目に入りました。
目の前の座席からは、息子2人がキラキラした笑顔でこちらを振り返っています。
多分彼らの明日の学校の話題は、これで決まったに違いありません。
100%絶体絶命でした。

おごそかに、生贄の儀式が始まりました。

不意に検問を受けた時の警察官のような丁寧さで、カメ先生は尋ねてきます。

「その透明なゴーグルのカメ、お名前は?」

子供らの手前、偽名を使う訳にもいかず(使う必要もないのだが)、
元気良過ぎるのも気恥ずかしく、あまり照れるのも何だかなと考えた僕は、精いっぱい神妙な態度で答えました。

「・オナガ・・・ユタカデス・・」


「みんな〜 ゆたかに拍手〜」

(ウォ〜〜!) 『・・ちょっと嬉しい・・・』


「な〜 ゆたか〜!」 「さっきこんな物を拾ったんだけど〜」

ヤツが岩場の影から取り出したものは、事もあろうに派手な女性水着の上部分でした。

艶かしく揺らめくそれを口にくわえながら、ヤツはさらに尋ねます。


「ゆたか〜 これが何だかわかるかな〜?」

『・・オイッ! ここを何処だと思ってるんだ?』


オジサンの心の叫び声は、爬虫類に届くはずもありません。

先程までの健全な話題から一転したことで、場内の大人たちはぐっと息を潜めて、こちらの様子をうかがっています。
知ってか知らずか、幼稚園児の息子までニヤついている始末です。


「・ビ・・ビキニ・デス・・・」

あちらこちらから、失笑が漏れてきます。

ありきたりの答えが気にいらなかったのか、先生のS度指数が上がります。


「ふ〜ん で、これは何をするものだ〜?」


『・・オラ〜ッ!! ここは、泣く子の黙るおとぎの国ではなかったのか〜?』

完全に追い詰められてしまいました。

ここが飲み屋なら、そりゃあ面白い切り返しも出来ましょう。
周りの大人たちを楽しませてあげたいのは山々ですが、数メートル先の息子達の眼の前で、コツコツ積み上げてきた父の権威を失墜させる訳にはいかないのです。


「・ヒ・・・日焼けをしないようにするものです」

場内がドッと受けました。

『やった〜!!』

と、喜んだのもつかの間


「そうか〜 じゃあ ゆたかも、これをするのか〜?」

『・・・ 』


善良な小市民が突然このような窮地に陥れられるとは、世の中一寸先は闇というのは本当でした。


「・ボッ・・・ボクハ・・日焼けをしてもいいので・・・・・」


『・・ハッ・・・ハズシタ・・・』


(ワ〜ッ!!)

気の抜けたパンチしか返せず、赤い顔(多分)をした僕を、場内の同士たちは暖かい笑い声と拍手で包み込んでくれました。
古い例えばかりで恐縮ですが、この時ばかりは人の情けが身に染みました。

我々の団結心に心動かされたのか、カメ先生、ようやく年老いた仔羊を解放してくれたのでした。


「みんな〜! ゆたかに拍手〜!!」

(ウォ〜〜!!)


「おまえら みんな サイコ〜だ〜!!」

(ウォ〜〜〜!!!)


ドヤドヤと、会場を後にする観客達の渦の中で、「楽しかったね〜」と抱きつく息子を担ぎながら、脱力状態で歩く僕の後方から、「ゆたか〜」「ゆたか〜」とカメ先生の幾つもの声色が聞こえてきました。

この日は、初っ端からこんな大事件に巻き込まれてしまい、すっかり調子の狂ってしまった僕でしたが、その日一日不思議に腹の立たなかったのは事実でした。

下の子を肩車しながら、最後の水上ショーを人混み越しに眺め、僕は力無く呟くのでした。


『・・怖るべし・・オリエンタルランド!・・・』


(おわり)
コメント(23) / トラックバック(0)カテゴリ無し

新着アーカイブ
▼意外や意外!
(2013/5/9 17:21)
▼肩の荷
(2012/11/19 10:28)
▼秘密兵器
(2012/6/27 11:48)
▼【歌旅】に想う
(2012/5/24 15:09)
▼紙一重
(2012/3/2 20:30)
▼心境の変化
(2012/1/28 19:56)
▼心の岩盤浴
(2012/1/23 03:24)

月別アーカイブ
2013年05月(1)
2012年11月(1)
2012年06月(1)
2012年05月(1)
2012年03月(1)
2012年01月(2)
2011年12月(1)
2011年11月(2)
2011年10月(1)
2011年08月(1)
2011年07月(1)
2011年02月(1)
2011年01月(2)
2010年12月(3)
2010年11月(2)
2010年09月(2)
2010年08月(2)
2010年07月(1)
2010年06月(2)
2010年05月(2)
2010年04月(1)
2010年02月(1)
2010年01月(1)
2009年12月(2)
2009年10月(2)
2009年09月(1)
2009年08月(2)
2009年07月(2)
2009年06月(3)