もう一つの再会
さて、ひとりのアーティストのお力を拝借することで、ようやく長いトンネルを抜け出せた僕でしたが、とっておきの3曲の中でも"ももいろの潮風"には特に強く惹かれていました。
この曲を初めて聴いた時、僕は確かに青春時代の懐かしい感覚に引き戻されたのでした。
そのタイトル通り、甘酸っぱく切ない感情で満たされたこの曲の使い所はと言うと、それは当然あの美しい場面しか僕には思い浮かびませんでした。
そう、冬ソナの2人の再会する名場面は、ドラマを見ていなかった僕のような無粋な男にさえ、大きな感動を与えてくれたのでした。
あの日の会場での熱気は凄まじいものがありましたが、改めて素材を見直してみても、あの日受けた衝撃は少しも色褪せずにそこに残っていたのです。
そしてこの曲を聴いた時の感覚と、二人の再会シーンを目にした時の僕の気持ちは、ピタリと重なったのでした。

いつの世も、人は恋愛ものが大好きですよね。
巷は今も、相も変わらぬラブソング、ラブロマンスで溢れかえっています。
使い古された愛の言葉や、結末が最初から見えているような平凡なストーリーでも、人はついつい心動かされてしまうものです。
一体何故なんでしょう?
僕はこう思うのです。
それは、人にとってその感情が1番大切だから。

誰しも1つや2つは(あまり多いのも考えものですが、、)他人に言えないとっておきのラブストーリーがおありなのではないでしょうか。
相手が現在のパートナー(無論それに越したことはありませんけれど)であってもそうでは無くても、自分たちが主人公の至極のワンシーンがきっとあるはずです。
思い出したくもないような修羅場は、この際心の奥底にしまっておきましょう。
そこでの貴方や貴方の愛する人は、幾ら年月が経とうとも決して老いることはありません。
いつ何処にいても、その瞬間にタイムスリップして胸を焦がすことのできるような、そんな永遠に朽ちることのない記憶が蘇るとき、人はとびきり純で綺麗な心持ちでいられるような気がします。
そんな時の貴方は、きっと身も心も穏やかで美しく輝いていることでしょう。
きっとその状態を潜在意識が欲しているからこそ、人は幾つになっても恋愛を懐かしがるのではないでしょうか。
これは素晴らしい本能です。
その気持ちを絶えず抱いていられるなら、これほど幸せなことはありません。
その対象が誰であっても、自分自身の心に従順でいられるのが1番なのですから。

すっかり前置きが長くなってしまいましたが、今回僕が真っ先に思いついたのはこのことだったのです。
冬ソナの主人公2人が雪の中で再会する場面は、僕を含めたあの場所にいた全員にとっての、究極の景色だったのです。
大多数の人々が、彼らの再会を祝福していたのだと思います。
それはドラマの世界を共有していた人間の特権でしょう。
しかし、僕のような傍観者までもが心打たれたのはどうしてなのでしょうか?
きっとその光景が、誰もの心の深い所にある感動の元栓を大きく開いてくれたからこそ、僕はそう理解しています。
あの日集まった数万人の気持ちがひとつになり、言葉に置き換えられないような大きな感情が動いたのは、単なるイベントの盛り上がりとは次元の異なるものだったのです。
僕は舞台上の2人を見ているつもりが、実は深いところで自分自身を見守っていた気がしてなりません。
無論、南国育ちの僕にあのようなロマンチックな経験があるはずもないのですが、理屈抜きに切なく懐かしい気持ちになったのは確かです。
主人公のお2人にしても、(お叱りを覚悟で申し上げるならば)当然山ほどある彼らのお仕事の一つであり、抱き合うシーンも入念にリハーサルを行っていることでしょう。
それでも、あの時あの瞬間の二人の間に演技らしきものは見られませんでした。
プロだから当然という冷めた声が聞こえてきそうですが、一流の役者というものはその役に心底成りきれるものです。
すなわち、あそこにいたのは観客席の前で演技する俳優同士ではなく、純粋に再会を喜び合う恋人同士だったのです。
キャリアを積み重ねたスターではなく、単なる男と女だったからこそ、あのような美しい佇まいで皆を魅了したのだと、僕はそう信じます。
彼の姿を確かめた時の彼女の、そのはにかむような美しい笑顔、凛としつつも喜びを抑えきれない彼の表情は、スターの衣を剥ぎ取った素の男女の有様に思えたのです。
まあ、文章にしてしまうとこのように長ったらしくなってしまいますが、家族の皆さんがあれ程の歓声で彼らを包み込んだのは、そういう理由があったのではないでしょうか。
人は瞬間にこのような感情を得てしまう、素敵な生き物だということです。

けれども、当日の再会シーンは余りに短か過ぎたのも事実です。
当然時間に制約のあるイベントの出し物ですから、それは仕方のない事。
ぺ・ヨンジュンとチェ・ジウがダラダラと近づき、いつまでもステージ上で抱き合っているわけにもいきません。
冬ソナのテーマソングに合わせた舞台演出は誠お見事で、だからこその感動とも言えましょう。
しかしながら、そもそも恋人同士の再会なぞは、衆人環視の元で行われるものではありません。
どちらかといえば、というよりも絶対に人目を避けてひっそりと遂行されるべき種類の行為なのです。
そこで僕は今回の機会を利用して、(無謀にも)この密会シーンの再構築にチャレンジしてみたのでした。
もっとひっそりと再会し、心ゆくまで抱き合う恋人同士という光景を演出してみたのです。
無論、映像にスローモーションをかけるなどといった姑息な手段は使いたくありません。
あくまでもノーマルな映像をコラージュし、自然に見せることが絶対条件でした。
仕上がりは見てのお楽しみですが、そこで大いなる力を発揮してくれたのが、MASAKI氏の"ももいろの潮風"だったという訳です。
完成した再会シーンは、以前にも増して僕の感情を揺さぶってくれました。
エンターテイメントでない、本来の姿に少しは近づけたのではないかと、我ながらとても気に入った場面になりました。
そして曲の後半部分には、主人公お2人のスペシャル映像を散りばめることで、イベント初日のダイジェストとして心地よくまとめることが出来たのです。

またもや、軽く流せない悪い癖が出てしまいました。
残りの2曲に付きましては、最終回で何とかまとめる予定です。お許しを!

コメント(54) / トラックバック(0)カテゴリ無し

新着アーカイブ
▼意外や意外!
(2013/5/9 17:21)
▼肩の荷
(2012/11/19 10:28)
▼秘密兵器
(2012/6/27 11:48)
▼【歌旅】に想う
(2012/5/24 15:09)
▼紙一重
(2012/3/2 20:30)
▼心境の変化
(2012/1/28 19:56)
▼心の岩盤浴
(2012/1/23 03:24)

月別アーカイブ
2013年05月(1)
2012年11月(1)
2012年06月(1)
2012年05月(1)
2012年03月(1)
2012年01月(2)
2011年12月(1)
2011年11月(2)
2011年10月(1)
2011年08月(1)
2011年07月(1)
2011年02月(1)
2011年01月(2)
2010年12月(3)
2010年11月(2)
2010年09月(2)
2010年08月(2)
2010年07月(1)
2010年06月(2)
2010年05月(2)
2010年04月(1)
2010年02月(1)
2010年01月(1)
2009年12月(2)
2009年10月(2)
2009年09月(1)
2009年08月(2)
2009年07月(2)
2009年06月(3)