音の会話
最近、高校時代の仲間でバンドを始めました。
ギターとベースは夫婦で、海にほど近いのんびりした郊外に居を構えています。
もう一人のギターはお医者様で、学会を兼ねて故郷から飛行機でやってきます。
僕はファジーなリズムが得意なドラム担当です。
練習場所は、夫婦の作った立派な(?)スタジオです。
早くに巣立った息子さんの部屋を改造してあるようです。
すべて手作りですが、音楽好きの主の手が行き届いた、申し分のない環境になっています。
 
まだ数回しかセッションをしていませんが、回を重ねるごとに少しずつまともな音に変化してゆく、伸びしろたっぷりな素人バンドです。
主と僕は、高校時代に同じバンドをやっていましたが、奥方とお医者さんは最近になって本格的に始めたとのこと。
そんな中年どもが集まって出す音ですから、今は間違っても人前で披露できるレベルではありません。(将来は分かりませんよ!?)
みんな自分のパートに手一杯で、他の楽器の音にまでは気が回らない状態です。
それでも少しずつ余裕が出てくるのに比例して、それなりにバンドの音になってゆくのが、とても面白いのです。

楽器というものは正直で、上手い人も下手な人もちゃんとその感情が音に表れるものです。
自信のあるときは力強く、逆のときにはヘロヘロの音が出てきます。
互いに照れながらも、徐々に自信の音へと成長させてゆくにつれ、そこにひとつのGROOVE感が生まれてきます。
そんなときのメンバーの顔は、数十年前の昔に戻ったように、若々しくキラめいています。
多分、個々の仕事場では見られない、とっておきの表情なのかも知れません。
そんな瞬間は、えも言われぬ気持ちの良いもので、それを一度味わってしまったが為に、人生の岐路に迷う(?)若者が絶えないのも知れません。

僕らにはもう、迷うほどの選択肢は残されていないので、開き直って音楽を楽しむことができます。
端から音楽を極めるつもりがないのが、むしろ強みになっているような気がします。
プロのミュージシャンのように同じ演奏は2度とできないし、やりたくもありません。
その時々の気分で、ひたすらかき鳴らしているだけです。
『これって井戸端会議みたいだな』
叩きながら、ふと思いました。

訛りだらけでボキャブラリーに乏しい会話でも、昔からの仲間とは十分に分かり合える。
そんな感じがたまらなく嬉しく思える、今日この頃です。

コメント(30) / トラックバック(0)カテゴリ無し
気持ちの整理
この上なく個人的なことなので、書くことを長らく躊躇していましたが、やはりこの感情は残しておこうと思います。

ホームページの冒頭でも触れましたが、自身の履歴をことさらに振り返ってみると、どうしても外せない人物との出会いに気づかされます。
今になって、あれが人生の転機だったんだなと思い返される出来事には、必ず重要人物が登場します。

その人との出会いが無かったなら、その後の展開はまったく違っていただろうと想像すると、恐ろしくさえ思えてしまうような人たちです。
事あるごとに思い出し、感謝の気持ちを新たにしていた人物を、最近立て続けに見送ることになりました。
一人は、僕を音楽カメラマンとしての道へ導いてくれた、孤高のミュージシャン。もう一人は、スチールカメラマンからムービーの世界へと、優しく誘導してくれた名プロデューサーです。
お二方とも長いこと会っていませんでしたが、時を感じさせない懐かしさを不思議と持ち続けてこられた、大切な僕の恩人でした。

病気の噂を聞いてはいても、現実逃避のように会うのを避けていた、弱い自分でした。お見舞いに行った後の辛い体験を幾度となく重ねていたため、その人との別れを想像するのが当たり前のように怖かったのです。

結果、何一つ言葉を交わせないままの別れになってしまいました。

正直に言うと、驚きはしましたが感情はあまり乱れませんでした。
どこかで覚悟をしていたような気がします。
覚悟を決めて、早々と自己防衛の準備をしていたのかも知れません。

幼い頃から育った、故郷の実家が取り壊されました。(十年以上も前のことですが、、)沢山の思い出が詰まった古い小さな家でした。
目を閉じれば、部屋の間取りや大切にしていた品々を、手に取るように今でもありありと思い出すことができます。
幾度となく帰郷をして、数ブロック程の近所に立ち寄ることがあっても、決して近づくことのない場所です。
多分これからも、そこにある建物を目にすることはないでしょう。

現実に覆いかぶさられる前に大切な記憶を守りたい、そんな子供じみた感情が自分の中にあるということを、最近自覚しています。

先に行ってしまった人たちとの数々の思い出は、自分にとってかけがえの無い宝物です。思い起こすたびに心が和らぐ、魔法の映像です。
様々な場面での懐かしい声や景色が、タイムスリップするかのように頭の中で再現できます。(さすがにハイビジョンではありませんが、)
許されるならば、自分が召されるまで覚えていたい至福の光景ばかりです。

自分が恩人だと思っていたこと、いつかまた一緒に仕事がしたかったこと、それを伝えられなかったことを後悔しています。
多分本人を前にしたら、照れくさくてとても言えなかったとは思います。
言葉にしなくても、何となく分かってくれていたような気もします。(勝手な気休めでしょうが、、)
時間がたつにつれ、そんな止め処のない思いが強くなってきています。
 

結論の出ない問いではありますが、そんな中一つだけはっきり分かったことがあります。お礼を言っていない恩人達が、今なお自分の周りにこれだけいてくれるということが、、、


共に生きる友人達に、深い感謝の気持ちを込めて


ありがとうございます。




コメント(12) / トラックバック(0)カテゴリ無し
何かのご縁で!
『今更ホームページなんて』と、長年考える事も避けてきましたが、(友人の強い勧めもあり)ついに立ち上げてしまいました。
(多分業界一の)アナログ人間のやることではないと後悔しつつも、関係者の皆様には大変なご苦労をおかけしました。この場を借りてお礼申し上げます。

この年になると、さすがに世間様の怖さも身に染みておりますので、声高に放つメッセージが特にある訳でもありません。
とはいえ、最近(若い頃以上に)忘れっぽくなってきたので、自分自身へのタイムカプセル代わりにでもなればと、徒然なるまま思い浮かんだ戯れ言を、ここに書き残しておこうかと軽〜く考えている次第です。
コメント(20) / トラックバック(1)カテゴリ無し
2009年6月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

新着アーカイブ
▼意外や意外!
(2013/5/9 17:21)
▼肩の荷
(2012/11/19 10:28)
▼秘密兵器
(2012/6/27 11:48)
▼【歌旅】に想う
(2012/5/24 15:09)
▼紙一重
(2012/3/2 20:30)
▼心境の変化
(2012/1/28 19:56)
▼心の岩盤浴
(2012/1/23 03:24)

月別アーカイブ
2013年05月(1)
2012年11月(1)
2012年06月(1)
2012年05月(1)
2012年03月(1)
2012年01月(2)
2011年12月(1)
2011年11月(2)
2011年10月(1)
2011年08月(1)
2011年07月(1)
2011年02月(1)
2011年01月(2)
2010年12月(3)
2010年11月(2)
2010年09月(2)
2010年08月(2)
2010年07月(1)
2010年06月(2)
2010年05月(2)
2010年04月(1)
2010年02月(1)
2010年01月(1)
2009年12月(2)
2009年10月(2)
2009年09月(1)
2009年08月(2)
2009年07月(2)
2009年06月(3)