陰と光 +
長い暗転の後、いつも通りのファンキーな演奏で、ステージは始まりました。
焦らすように長く続く前奏の後、勢い良く飛び出して来た全裸の男
待ってましたとばかりに、盛り上がる観客席
幾度も金網に体当たりを加え、そのつど跳ね返され、転がる男
客席とステージを遮る金網のせいか、客達には心なし余裕が見て取れました。
例の自虐行為も、客らには既にお約束事のようでしたが、男の体から流れ出る幾筋もの鮮血が、その場にいる人間の野生を、強引に目覚めさせてしまうのでしょう。
男も女も、まるでアトラクションを楽しむかのような、キラキラした瞳をしていました。
その昔、ライオンと兵士の戦いを見物するコロシアムの観客も、同じような表情をしていたのかも知れません。

客達のそれが一変したのに気づき、思わず振り返った僕のファインダーに入ってきたのは、全裸男『アケミ』の手にする巨大なワイヤーカッターでした。
ほとばしる血を啜りながら、ねちっこいリズムに合わせるように金網を切る音が、バッチンバッチンと聞こえてきました。
蛇に睨まれた蛙のように、凍り付いたまま動けない客達
瞬く間に逆転した、客とステージの主従関係
その奇想天外な面白さに、頭がクラクラしました。

時間の感覚を忘れる中、ついに金網に穴が開いてしまい、薄笑いを浮かべた血だらけの狂人が、こちら側へにじり出て来ました。
舌なめずりをしながら、血走った眼で客席を品定めする野獣
バックの演奏が鳴っていなかったとしたら、間違いなく場内はパニックに陥っていたことでしょう。

普段我々は、無意識のうちに(思い込み)というオリをこしらえています。
オリのこちら側の安全地帯にいる我々は、あちら側で起こる様々な出来事を、すべて他人事で済ますことができます。
向こう側の痛みも快楽も、すべては自分の想像力次第です。
(プロレスやその他の格闘技を、間近で鑑賞する場合を除くと)TV画面やコンサート会場で、身の危険を感じる事はまず無いと思います。
そして、このオリを築いている限りにおいては、どんな刺激や感動も、少なからずリミッターがかかってしまうのです。
そしてこのオリが不意に取り除かれたとき、突然のことで人は頭が空っぽになり、そこで初めて素の感動が姿を現すような気がしてなりません。
このような場所に集まる人々は、きっとその禁断の味を覚えてしまった、悲しくも従順な生け贄なのかも知れません。

『アケミ』に覆いかぶさられ、現実に引き戻され泣き叫ぶ女性客と、周りでそれをただ見つめるだけの、異星人のような面々
さらには、これらの出来事を仔細に観察している冷静な自分に、ことさら違和感を感じながらも、

『人は自らの価値観を覆された時、最も感動する生き物だ。』

そんな風に、勝手に解釈した僕でありました。



(随分と遠回りしたようで、戻り道が分からなくなってしまいましたが、特に急ぐ旅でもありませんので、このままのんびり参ります。)




コメント(12) / トラックバック(1)カテゴリ無し
陰と光
衝撃的な(撮影)体験の結果は、当然ヘロヘロでした。
感情にまかせて撮りまくったショットは、大部分が説得力を持たないアマチュアフォト(僕自身アマチュアでしたが、、)の域を出ず、特にストロボを使った写真は、そのエログロさだけが目立ってしまい、かえって拒絶感を持たれかねない代物でした。
しかし、これで僕の負けん気に火がついてしまいました。

あの晩のショッキングな出来事は、まだ生々しく瞼に焼き付いていました。
あのようなアングラムーブメントを知らずに、ダラダラと過ごしてきたカメラマンとしての怠慢を猛省すると同時に、人間をあそこまで変貌させてしまう、得体の知れないエネルギーの凄さを、世に知らしめたい。
やっと探し当てた写真のテーマを前に、胸が躍りました。

当時のアングラシーンは、『じゃがたら』を筆頭格に『スターリン』『ぐんじょうがクレヨン』『タオ・セントラルステーション』等の、カテゴリーに囚われない自由で奇抜なパフォーマンス集団を、続々と生み出していました。
会場で貰うチラシをたよりに別のライブに行くと、必ず面白いバンドに出会えました。
多少音楽をかじったカメラマンの卵にとっては、そこはワクワクする被写体の宝庫でした。
アシスタント時代のファッション撮影や、ナンパ気分の街角スナップとは違い、好きな音楽に身を任せながら、感覚的にシャッターを切るという行為が、自分にはとても自然だったのです。
必ずしも共感を持てる音楽ばかりではありませんでしたが、彼らの度肝を抜くアイデアや行動力には、素直に感動を覚えていたのです。

あるライブハウスでの体験です。
普段はイスの置かれているフロアーが、壁を含めすべてビニールシートで覆われていました。
ライブ直前になっても、客たちは後方から遠巻きに眺めているだけです。
程なく、バンドのローディーが幾つもの青いポリバケツを、重そうにステージに引きずって来るのが目に入りました。
悪い予感がした僕は、急遽手近にあったコンビニ袋でカメラを包み、上半身裸になり覚悟を決めました。

案の定、最悪のライブが幕を開けました。
演奏(と言うよりほとんどノイズ)と同時に、すでに興奮状態のバンドのメンバーらが、手当たり次第バケツの中の臓物を、客に向けて投げ始めたのです。
逃げまどう観客達の壮絶な悲鳴と、アバンギャルド(?)な演奏の、前代未聞これぞ酒池肉林のコラボレーションでした。

自分の参加していたバンドは、決して上手ではありませんでしたが、もう少し正攻法で音楽と向き合っていたつもりでした。
世の中には、完成度の高い音楽は他に幾らでもあるはずです。
なのに何故、お客達はわざわざチケットを買い、身の危険を冒してまで、こんな乱痴気騒ぎを見に来るんだろう?
頭上を飛び交う骨や肉片を避けながら、その事ばかりを考えていました。

バイトの合間にそんな撮影を続け、半年も経った頃でしょうか。
ようやく、その答えらしきものを見つけられたのは、とあるライブでの出来事がきっかけでした。

ロックでは珍しく、全席畳敷きのその会場(公民館)では、観客は皆靴を脱ぎ足を崩し、思い思いにくつろいでいました。
そこだけを見ると、まるで大衆演劇か落語の高座を待っているような、ほのぼのとした風景でした。
ところが反対側に目を転じると、そこにはあたかも動物園のオリのような、巨大な金網が舞台前面に張り巡らせてありました。

そしてその日は、あの『じゃがたら』のライブだったのです。


(つづく)




コメント(23) / トラックバック(0)カテゴリ無し
2009年8月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

新着アーカイブ
▼意外や意外!
(2013/5/9 17:21)
▼肩の荷
(2012/11/19 10:28)
▼秘密兵器
(2012/6/27 11:48)
▼【歌旅】に想う
(2012/5/24 15:09)
▼紙一重
(2012/3/2 20:30)
▼心境の変化
(2012/1/28 19:56)
▼心の岩盤浴
(2012/1/23 03:24)

月別アーカイブ
2013年05月(1)
2012年11月(1)
2012年06月(1)
2012年05月(1)
2012年03月(1)
2012年01月(2)
2011年12月(1)
2011年11月(2)
2011年10月(1)
2011年08月(1)
2011年07月(1)
2011年02月(1)
2011年01月(2)
2010年12月(3)
2010年11月(2)
2010年09月(2)
2010年08月(2)
2010年07月(1)
2010年06月(2)
2010年05月(2)
2010年04月(1)
2010年02月(1)
2010年01月(1)
2009年12月(2)
2009年10月(2)
2009年09月(1)
2009年08月(2)
2009年07月(2)
2009年06月(3)