心境の変化
去年の暮れ沖縄に帰った時に、ひとつ気になるコマーシャルに出会いました。
それは地元泡盛の酒造会社のものだったのですが、そのキャッチコピーが妙に心に収まってしまい、今だ消え去る気配が見られません。
おそらく、現在の僕の心情にドンピシャだったのですね。

それは、『普通の上等』というたわいの無い言葉なのですが、考えるにつれ、とても味わい深いメッセージのような気がしてならないのです。

多分、昔の自分だったら全否定するような、完ぺき守りのメッセージです。

僕は幼い頃から父親に『向上心の無い人間になっては駄目だぞ』といい聞かされて育ちました。
生来の負けず嫌いもその教えに拍車をかけ、怠け症の病と共存しながらも、今日の日までどうにかこうにか、マイペースで頑張ってきました。
多分その甲斐もあって、浮き沈みの激しいこの業界で、何とか生きながらえてこられたのでありましょう。

今までの僕のポリシーからすると、『普通の上等』は絶対あり得ない価値観のはずでした。
目指すは、あくまでも『上等の上等』であり、百歩譲ったとしても、せいぜい『上等の普通』だったはずです。
そんな僕が、何故ゆえ『普通の上等』という言葉に共感を覚えたのでしょうか。

若かりし頃は、上り坂の向こうに新たな坂道が見えてくるのが、楽しみで仕方ありませんでした。
無論、時には苦しくて逃げ出したくなる局面もありましたが、終わってしまえば更なる障害物競走を欲してしまうという、どこか自虐的な部分があったように思います。
そういう時、いつも僕の背中を押してくれたのが、『向上心を持て』という親父の言葉だったのでした。

ところが、年を重ねるに連れ、この考え方に少しずつ変化が生じてきたのです。
それは絶えず上を目指す生活に疲れてきたとか、努力が嫌になったというのではありません。
あえて例えるとすれば、『1番じゃなきゃ駄目なんですか?』と云う、某大臣の有名なセリフに近い感覚なんです。

だいぶ前にも書いたことがありますが、最近僕は古くからの友人達とブルースバンドをやっています。
それなりに真面目にやってはいるのですが、決して必死になって続けているのではないのですね。コレが、
何故なのかな?と自分なりに分析してみると、実際は音楽が生活の中で1番じゃないからなんですね。
メンバー全員、仕事も家庭も持っていますし、他にも趣味を楽しんでいます。
確かに、バンド活動は日々の生活の張りになり、生き甲斐にもなっているのですが、これが若い頃だったら、勢いプロを目指そうとか、もっと練習を積まなくてはとか、きっと必死になっていただろうと想像するんです。
もちろん、真剣さがいけないのではなく、その度合いが問題なんですね。
自分なりに、何となく人生が理解出来てきたときに、闇雲に前に進むのでは無く、残された時間(あくまでも推測ですが)を念頭に置いた、時間のペース配分の必要性を感じ始めてきたのかも知れません。

ブルースに限らず音楽の世界では、何十年にも渡り、それこそ人生をかけて音楽を続けている人間がザラにいます。
そんな人物の演奏を耳にすると、自分らの未熟さに愕然とすることも多々あります。
そんな時には、すぐにこう思い直すのです。

『比べてどうする、みんなソレゾレ。』

下手くそなりに楽しいし、そこそこお客を楽しませることも可能なことに、遅まきながら気づいたのです。
そりゃあ比べてしまえば、すべて上下がありもしましょう。
すべては相対的なものであり、比べるからこそランクというものが出現するのです。
要するに、自分が満足しない限り、物事に終わりはないのです。
全生涯をかけて上を目指す部分と、そうではない部分を分けて考えるほうが、力が抜けて効果的なのではないかなと、そんな感じですかね。
『足るを知る』って云う言葉の意味が、少しずつわかる歳になってきましたが、故郷で出会った言葉には、大いに感じ入った次第です。

『普通の上等でいいさー!』と、しみじみ思う今日この頃です。



少々理屈っぽくなってしまいましたが、年初の戒めを兼ねてのご挨拶でした。
今年もよろしくお付き合い下さい。


コメント(13) / トラックバック(0)カテゴリ無し
遅くなりましたが、、
明けましておめでとうございます。
昨年は、沢山の方々がこのブログを訪れて下さいました。
僕としては、まったく予想だにしなかったことでした。
まるでローカル駅前のラーメン屋が、突然ミシュランガイドに載ってしまったかのような驚きと、困惑の日々でありました。
そして皆さんの暖かい数々のお言葉に、年甲斐も無くウルウルしていたのが、つい昨日の事のようです。
『真面目にやってきて良かったな』と、どこかの引っ越し屋さんの気分でおります。

今年も何が起こるか分かりませんが、のんびりと精一杯勤め上げる所存です。
今後ともよろしくお願い致します。
この場を借りて、新年のご挨拶に替えさせて頂きます。

コメント(17) / トラックバック(0)カテゴリ無し
2011年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

新着アーカイブ
▼意外や意外!
(2013/5/9 17:21)
▼肩の荷
(2012/11/19 10:28)
▼秘密兵器
(2012/6/27 11:48)
▼【歌旅】に想う
(2012/5/24 15:09)
▼紙一重
(2012/3/2 20:30)
▼心境の変化
(2012/1/28 19:56)
▼心の岩盤浴
(2012/1/23 03:24)

月別アーカイブ
2013年05月(1)
2012年11月(1)
2012年06月(1)
2012年05月(1)
2012年03月(1)
2012年01月(2)
2011年12月(1)
2011年11月(2)
2011年10月(1)
2011年08月(1)
2011年07月(1)
2011年02月(1)
2011年01月(2)
2010年12月(3)
2010年11月(2)
2010年09月(2)
2010年08月(2)
2010年07月(1)
2010年06月(2)
2010年05月(2)
2010年04月(1)
2010年02月(1)
2010年01月(1)
2009年12月(2)
2009年10月(2)
2009年09月(1)
2009年08月(2)
2009年07月(2)
2009年06月(3)