無題
僕は余り過去の作品を振り返らないタチです。
完成させるまではトコトン粘りますが、納品を終えた後は殆どそれを見直すことがありません。
長らくこの仕事を続けてきたせいか、僕にはアラ探しをしながら映像鑑賞する癖がついてしまったようです。
このカットは良いとか、あのカットはイマイチだとか、カメラワークの良し悪しや編集を耐えず気にしながら、巷の作品を見ている自分がいます。
自分のことは高い棚の上に上げっぱなしで、どうしても人様の演出が気になってしまうのです。
そんな哀しい身上ですので、今更自分の作品を見直したりした日には、恥ずかしくて立ち直れなくなってしまうのは目に見えています。
世間からとやかく言われないよう、出来る限りの手間をかけた後は、自分の中でのほとぼりが冷めるまで、すっかり忘れるようにしている小心者なのです。

さて、そんな横着者が2年後越しで携わっている作品があります。
このブログをご覧になっている皆様には御馴染み、ぺ・ヨンジュン氏の3D映像です。
本作と僕の関わり合いにつきましては、過去に何度かブログで取り上げてきましたので、ここではあえて触れませんが、この作品がこのたび晴れて一般発売される運びとなりました。
それ自体はとても素晴らしいことで、ひとえに家族の皆様の熱烈な御支持と、関係者各位の御尽力の賜物だと思っております。

さてさて、おめでたいお知らせの中、少々困ったことが起きてしまいました。
それはクライアントからの達ってのリクエストで、是非とも僕に特典映像を作ってもらいたいとのこと。
そりゃそうでしょう。
僕がお客様さんの立場だったら、今時特典の付いていないDVDなんて、おもちゃ無しのハッピーセットのようなものです。

さてさてさて、でもどうする?
こりゃ困りました。
何故なら素材が無いのです。
無いと言ったら語弊がありますが、もうすでに本編で美味しいところは出し尽くしています。
しかも、すでに10分の映像付きというプランは既に固まっている様子。

『ち、ちょっと、考えさせてください。』

即答はさけたものの、内心弱り果ててしまった僕でした。
特典映像といえば、未公開映像が当たり前のご時世。
ところが本作の場合、素材は2日間の収録素材のみ。
さらに、本編の最後に渾身の映像コラージュを披露していた関係上、もうどこも探しても新しい素材を見つけるあてがなかった、というのが正直なところでした。
例えてみれば、だしを取った後の煮干しを使って、旨い料理をもう一皿こしらえるようなもんです。
口の肥えた御馴染みさん相手にですよ。
さらにさらに、監督トークショーと称した身の丈に合わないイベントを強行していた手前、ここで適当にお茶を濁すというわけにはいかないのです。
あの時の場内の皆様方の澄んだ瞳を思い出した日にゃーあなた。

『う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん』


天罰か 悩めるオヤジに 秋深し




(つづく)




コメント(22) / トラックバック(0)カテゴリ無し
2011年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

新着アーカイブ
▼意外や意外!
(2013/5/9 17:21)
▼肩の荷
(2012/11/19 10:28)
▼秘密兵器
(2012/6/27 11:48)
▼【歌旅】に想う
(2012/5/24 15:09)
▼紙一重
(2012/3/2 20:30)
▼心境の変化
(2012/1/28 19:56)
▼心の岩盤浴
(2012/1/23 03:24)

月別アーカイブ
2013年05月(1)
2012年11月(1)
2012年06月(1)
2012年05月(1)
2012年03月(1)
2012年01月(2)
2011年12月(1)
2011年11月(2)
2011年10月(1)
2011年08月(1)
2011年07月(1)
2011年02月(1)
2011年01月(2)
2010年12月(3)
2010年11月(2)
2010年09月(2)
2010年08月(2)
2010年07月(1)
2010年06月(2)
2010年05月(2)
2010年04月(1)
2010年02月(1)
2010年01月(1)
2009年12月(2)
2009年10月(2)
2009年09月(1)
2009年08月(2)
2009年07月(2)
2009年06月(3)