秘密兵器
またまた電車ネタで失礼します。
休日の夕刻どき、ちょい混み車内での出来事です。
運良く座れた僕の隣には、子連れの若いお母さんが腰掛けていらっしゃいました。
僕が腰を下ろすと同時に視線が交わった幼子は、人相の悪いオヤジに怖じ気づいたのか、赤く腫れぼったい目でキョトンとこちらを見つめています。
何やら周りに漂う不穏な空気から察するに、つい今しがたまで相当荒れていたご様子。
彼の態度の急変に

「まあ〜自分で泣きやんだの〜、エライね〜!」

と、間髪をいれずに小皇帝を褒めちぎるお母さん。
車内の緊張感も、一瞬緩んだような気がしました。
しかし、平和な時はつかの間。
凶暴そうな男が自分に危害を加えないことが分かると、幼児はすぐにむずがり始めました。
まだ会話が得意でなさそうな彼は、今相当に虫の居所が悪いらしく、母親がすることに対しことごとく刃向かっていきます。
時折僕の方に子供の体が触れるのを気にして、

「どうもすみません。」

頭を下げるお母さんの疲れ切った表情が少々気になりました。
そんな母親の気を引きたい小皇帝、次第にやんちゃぶりをエスカレートさせます。
あろうことか、今度は揺れる車内に裸足のまま仁王立ちになり、

「ママ〜 みて〜 ママ〜!」

得意そうに雄叫びを上げます。

「エライね〜、ぼく、すごいね〜!」

と言ってあげれば済むことなのに、若いお母さんにそんな余裕は残っていません。

「どうしてママの言うこと聞いてくれないの?!」

こりゃ、ちょいとヤバイ展開です。
周りに目をやると、せっかくの休日の締めくくりを、こんなヒステリックな場面で締めくくることへの不愉快さが、乗客の無粋な表情から見て取れました。
そんなピリピリした空気を察知してか、彼女の感情の糸も切れる寸前です。

「もう、やめて!!」

子供を無理やり引き寄せた母親は、そのまま小さな身体をシートに押さえ付けます。

『やっても〜た〜・・』

案の定、ありったけの大声で泣き出した小皇帝は、足を激しくバタつかせます。
それが母親のお腹を直撃したのか、母親はついに感情を爆発させてしまいました。

「あんたが蹴ったら、ママもお腹の赤ちゃんも死んじゃうんだよ!!」

そのセリフに、一瞬車内が凍りつきました。


もはやこれまでと感じた僕は、ポケットからある秘密兵器を取り出しました。
それは大抵の小悪魔どもをシャラップ状態にする、魔法のガジェットでした。
勘のいい方はもうお分かりでしょうが、そうiPhoneです。
実は、こやつを取り出すタイミングを探っていたのでした。
生憎その日はバッテリー残量があと数パーセントの状態だったもので、ずっと出し渋っていたのです。
いざ見せたはいいけれど、楽しんでいる最中に強制終了してしまっては最悪ですから。
しかし、そんなことは言ってられません。
僕は適当なアプリを立ち上げ、やおら小皇帝の鼻先に画面を差し出し、

「ほらっ 凄いよ〜、ここ触ってごらん!」

と、声をかけたのでした。
不意を突かれた敵は、毒気を抜かれ再びキョトンとしています。
思いがけない援軍の登場にこれ幸いと、

「うわ〜っ すごいね〜!」

母親も臨機参戦です。
老練な連合軍の思惑に翻弄された、若い司令官はひとたまりもありません。
次々に繰り出されるエンタメパンチに、シナリオ通り瞬時に武力放棄してくれたのでした。
少し余裕を取り戻したお母さんに、

「1歳半くらいですか?」僕は話しかけてみました。

「もう2歳半なんです。」すまなそうに答える彼女に、

『いらんこと言っても〜た・・』反省しながらも僕は続けました。

「こんくらいの頃は、宇宙人だと思った方がイイですよ。」

なんて知ったかぶりの会話は、さぞやぎごちなかったでしょうが、そうこうしているうちに、呆気なく親子の降車駅に到着してしまい、

「本当に助かりました。ありがとうございました。」

母親は頭を繰り返し下げながら、愛息を抱いて足早に降車して行きました。


急に静けさを取り戻した車内で、残り2パーセントになったiPhoneの電源を切りながら、僕は溜息をつきました。
恐らく都会の電車じゃなければ、こんな無用な緊張感も生まれないんだろうなと、しみじみ感じていました。
こんな場面は、子育ての経験がある人間であれば、誰しも思い当たるはずです。
そうでない人は、自分が子供の頃を思い出してみれば良いのです。
けれども、もしこれが隣り合わせの出来事でなかったとしたら、おそらく僕も他の乗客のように傍観者でいたことでしょう。
無関心を装いながら、イライラオーラを放出していたかも知れません。

「所詮他人事、心配りは自己満足。」
「人に迷惑をかける方が悪い。」

そんな都会の掟が、僕の中にもしっかり芽生えていました。(成長も早い)
けれども、そんな無言の圧力が弱いものを追い詰め、その刃がさらに弱い者に向かう、そんな負の感情の連鎖を見たと言ったら大袈裟でしょうか。
僕は新米ママのお礼の言葉を反芻しながら、そんな自分の中の世間を反省していました。


"愛の反意語は憎悪ではなく、無関心"
そんな言葉をさっき思い出しました。
隅っこに追いやっていた感情のリハビリに、今日から少しずつ取りかかることにしましょう。


それにしても、やっぱiPhoneは偉いね!
(スマートフォンをお持ちの皆さん、非常時用にお子様アプリを入れておくことをお勧めしますデス。)

コメント(46) / トラックバック(4)カテゴリ無し
2012年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

新着アーカイブ
▼意外や意外!
(2013/5/9 17:21)
▼肩の荷
(2012/11/19 10:28)
▼秘密兵器
(2012/6/27 11:48)
▼【歌旅】に想う
(2012/5/24 15:09)
▼紙一重
(2012/3/2 20:30)
▼心境の変化
(2012/1/28 19:56)
▼心の岩盤浴
(2012/1/23 03:24)

月別アーカイブ
2013年05月(1)
2012年11月(1)
2012年06月(1)
2012年05月(1)
2012年03月(1)
2012年01月(2)
2011年12月(1)
2011年11月(2)
2011年10月(1)
2011年08月(1)
2011年07月(1)
2011年02月(1)
2011年01月(2)
2010年12月(3)
2010年11月(2)
2010年09月(2)
2010年08月(2)
2010年07月(1)
2010年06月(2)
2010年05月(2)
2010年04月(1)
2010年02月(1)
2010年01月(1)
2009年12月(2)
2009年10月(2)
2009年09月(1)
2009年08月(2)
2009年07月(2)
2009年06月(3)