肩の荷
なんやかんやで、半年程かかりっきりになっていた大仕事が、先日めでたくアップしました。
情報通の方々でしたら、すでにご存知かもしれませんが、来年1月に公開予定の映画の話です。
そのタイトルは【Blankey Jet City VANISHING POINT】
今更説明の必要もないでしょうが、日本のロックバンド "ブランキー・ジェット・シティ"を追った、私的ドキュメンタリーです。

熱狂的なファンに惜しまれつつ、この孤高の3人組が解散したのは、もう13年も前になります。
この映画は、彼らの最後のビデオ作品 "LAST DANCE"に至るツアーの様を、僕が個人的に記録したものです。
いつの間にか干支が一回りしてしまう程、時が経ってしまいましたが、これほど寝かせるつもりのなかった素材が、こうした形で日の目を見たことは、僕のみならずブランキーのファンの方々にとっても朗報だと思います。
関係者の皆様のご尽力に対し、この場をお借りして、心からの感謝を申し上げます。

ブランキーの3人とは、1994年の "MONKEY STRIP" から2000年の "LAST DANCE"まで、主にライブビデオで共に時間を過ごしてきました。
けっして自分を飾ることも、一切の虚勢を張ることの無い彼らは、(それに慣れていない人たちから)時に怖れられたり、誤解されたりもしたようですが、僕は彼らのそんなところが大好きでした。
相手に気を使って言葉を選んだり、周りの空気を読んだりするのが無縁の男たちには、向かい合う側もそれなりの覚悟が必要になります。
もし、心にも無い薄っぺらな言葉を口にしたり、適当に相づちを打とうものなら、瞬時にして見透かされてしまい、ガラガラと心のシャッターを降ろされてしまうのがオチです。

僕も、最初の頃はその距離感がつかめずに多少は緊張したものですが、1度その本質が理解できると、逆に気が楽になるものです。
余計な気遣いも必要ないし、ただ素直な感情でコミュニケーションをとれば良いだけなのですから。

短くも深かった、彼らと僕との付き合いの中で、音楽と映像という関係が、いつしか”お仕事”ではない”共同作業”という形で自然に行えるようになったのは、今でも幸せな記憶として残っています。
この映画の中で、僕のハンディーカメラがどこでも遠慮無しにズンズン入り込んでいけたのは、そんな互いの空気感が関係していたのかもしれません。

幾度か浮かんでは消えていった映画化の話が、こうして実現でき、やっと肩の荷を降ろせたというのが、正直な僕の気持ちですが、何故13年もの歳月が必要だったのかについては、色々思うところもあります。
ひとつはっきり言えるのは、かつてのブランキーキッズたちに、この映画が必要とされる時が来たのだろうということです。

この作品は、単なるノスタルジーで生まれたのではありません。
ブランキーの音楽に青春を捧げ、ライブハウスで踊り狂い、大声で歌い泣き叫んでいた、激しく傷つきやすい若者たちの為に蘇りました。

そんな彼らが大人になり、仕事や家庭を持ち、毎日を懸命に生きている今、もう1度あの頃の熱いエネルギーを思い出して欲しいと、(あえて付け加えれば、僕自身に対して)のメッセージなのです。

理不尽な事柄にがんじがらめにされ、行き場を見失いかけている不器用な人たちに、今一度思い出して欲しい。
ただ純粋に生き急いでいた、あの頃の自分のことを。

そんな気持ちが、編集を重ねるにつれ強くなっていきました。
この映画は、僕の個人的な視点で綴られていますが、見る人それぞれが僕になり代わって、ご自分の青春にタイムスリップしてもらえたのなら、望外の幸せです。

コメント(47) / トラックバック(8)カテゴリ無し
2012年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

新着アーカイブ
▼意外や意外!
(2013/5/9 17:21)
▼肩の荷
(2012/11/19 10:28)
▼秘密兵器
(2012/6/27 11:48)
▼【歌旅】に想う
(2012/5/24 15:09)
▼紙一重
(2012/3/2 20:30)
▼心境の変化
(2012/1/28 19:56)
▼心の岩盤浴
(2012/1/23 03:24)

月別アーカイブ
2013年05月(1)
2012年11月(1)
2012年06月(1)
2012年05月(1)
2012年03月(1)
2012年01月(2)
2011年12月(1)
2011年11月(2)
2011年10月(1)
2011年08月(1)
2011年07月(1)
2011年02月(1)
2011年01月(2)
2010年12月(3)
2010年11月(2)
2010年09月(2)
2010年08月(2)
2010年07月(1)
2010年06月(2)
2010年05月(2)
2010年04月(1)
2010年02月(1)
2010年01月(1)
2009年12月(2)
2009年10月(2)
2009年09月(1)
2009年08月(2)
2009年07月(2)
2009年06月(3)